因島杜仲茶とは


因島杜仲茶とは、その名のとおり因島産の杜仲茶のことです。
杜仲茶の中でもなぜ因島杜仲茶がいいかといいますと、メタボリックシンドローム撃退に効果のあるゲニポシド酸の含有量が多いというところにあります。
杜仲茶の有効性は日本薬学会でも発表されていますが、杜仲茶の中でも因島産のものがいいようです。


この有効成分のゲニポシド酸が一番多い真夏に収穫して、緑葉のみを使用しているのが因島産の杜仲茶です。さらに生産農家の方々が1枚1枚天日乾燥させて丹精込めた作った杜仲茶で苦味のない飲みやすいお茶に仕上がっているようです。

黒いお茶として7月29日に某テレビ番組で紹介されたこの因島杜仲茶が今爆発的に売れています。予約殺到でなかなか手に入れれないほどだそうです。

posted by 杜仲茶 at 21:00 | 因島杜仲茶とは

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。