杜仲茶とは

杜仲茶とは、中国原産のトチュウ科の落葉高木である杜仲の若葉をお茶として利用したものです。また杜仲の樹皮は漢方薬としても利用されています。
杜仲は、古来、中国にて珍重されていて、木が枯れない程度に樹皮をむくため1本の木からはあまりとれないため、高価なものであり、杜仲を煎じて飲める人というのは貴人に限られていて、当時は一般庶民は手の届かないものだったようです。

また古くから、茶の宝、高貴薬等と賞賛されるている飲みやすい飲み物です。ノンカフェインなので、就寝前や小さな子供でも飲むことができます。
posted by 杜仲茶 at 00:17 | 杜仲茶とは

杜仲茶の効能

杜仲茶を飲むことで、血圧の降下や肝機能の機能向上に効果があると言われています。
中国では、高血圧症、動脈硬化の患者に杜仲を投与することで、血圧を下げるだけでなく、高血圧からでる不快な症状やめまい、頭痛、耳鳴り、そして不眠等も改善されたという報告があるそうです。

また肝機能を向上させることから、二日酔いにもよいとも言われています。
お酒と杜仲茶を交互に飲んだり、飲み会等で飲んで帰ってきてから自宅で杜仲茶を飲んだりすると悪い酔いや二日酔いしにくくなります。

最近テレビなどで注目されているところでは、メタボリックシンドロームを撃退する効果があるというところです。

こういった効能があることから、1970年代にも一時杜仲茶ブームが起こったらしいですが、そのときはすぐにブームがさってしまったようです。
posted by 杜仲茶 at 23:00 | 杜仲茶の効能

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは、以下の基準の1+その他の2つ以上の基準に当てはまる場合を言います。

1 ウエストサイズ
  男性:85cm以上 女性:90cm以上
2 中性脂肪
  150mg/dl以上
3 HDLコレステロール
  40mg/dl未満
4 血圧
  130/85mmHg以上
5 血糖値(空腹時)
  110mg/dl以上

最近テレビでもメタボリックシンドロームとい名前を聞くことも多いと思いますが、この状態になると成人病の予備軍といっても過言ではありません。
ウエストサイズ、血圧は簡単にチェックできると思いますが、それ以外は血液検査の必要がありますので1,4が当てはまる方は是非1度検査されることをお勧めします。

忙しくなかなか病院で検査をするのが難しい方には以下のような自宅で血液検査をするキット等が便利です。

【PR】プロアクト:デメカル血液検査キット
posted by 杜仲茶 at 22:00 | メタボリックシンドロームとは

因島杜仲茶とは


因島杜仲茶とは、その名のとおり因島産の杜仲茶のことです。
杜仲茶の中でもなぜ因島杜仲茶がいいかといいますと、メタボリックシンドローム撃退に効果のあるゲニポシド酸の含有量が多いというところにあります。
杜仲茶の有効性は日本薬学会でも発表されていますが、杜仲茶の中でも因島産のものがいいようです。


この有効成分のゲニポシド酸が一番多い真夏に収穫して、緑葉のみを使用しているのが因島産の杜仲茶です。さらに生産農家の方々が1枚1枚天日乾燥させて丹精込めた作った杜仲茶で苦味のない飲みやすいお茶に仕上がっているようです。

黒いお茶として7月29日に某テレビ番組で紹介されたこの因島杜仲茶が今爆発的に売れています。予約殺到でなかなか手に入れれないほどだそうです。

posted by 杜仲茶 at 21:00 | 因島杜仲茶とは

ゲニポシド酸とは

ゲニポシド酸とは、最近注目されている物質で『発掘あるある大辞典』でも紹介されていましたが、副交感神経に働きかけ、脳の老化や血圧の上昇を抑えることができると考えられています。

また血行もよくなるため、冷え性や関節痛、肩こりにも聞くと言われています。さらに自立神経失調症、ストレス性胃炎を改善します。

最近注目されている点では、高脂血症や高コレステロールの軽減により生活習慣病の予防に適しているというところです。
posted by 杜仲茶 at 20:00 | ゲニポシド酸とは

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。